本日の格言

2008年02月17日

メランコリックが止まらない

「あんた自分が自分が地球でちっぽけな存在であるか自覚した事ある?私は、ある。」

「私は急に私の周りの世界が色褪せたみたいに感じた。」

「歯を磨いて寝るのも、朝起きて朝ご飯を食べるのも、みんながみんながやっている普通の日常なんだって思うと、途端に何もかもがつまらなくなった。」



祭りの後のような虚しさの中、いろいろと考えさせられることがあります。

私自身、表舞台に出なくなってどれほど経ったでしょうか。

表舞台に立ち先頭を駆けていくこと止め、自分自身気付かないうちに独自のスタンスで何事にも挑むようになりました。

これが決してマイナスではないと思えるのは救いです。

仕事においても恋愛においても、対象との距離を常に一定に保ち、あらゆる障害を回避する。

効率の良い生き方といえるでしょうが、楽しめているかと聞かれれば即答は難しい。

そろそろ表舞台に舞い戻っても良いのではないかと考え始めています。

これから表舞台に立とうとしている友人に触発されたからでしょうか。

祭りの中に身を置き、後悔のない人生を歩む。


「気の向くままに」



あなたはいま、舞台に立っていますか?



人として生きていればそういったこともあるのだろうけど、このタイミングで知りたくは無かった。
ソレは自然なことであると理解はしているけれども、ショックな出来事であったことは間違いない。
ただ、いまになって何故そのとき私がそういった考えに突き動かされていたのかを考えると、両者に共通している事柄だから錯覚していたのかもしれない・・・といって自分自身を納得させようとしている姿が滑稽でもある。

いま手元に「人生のリモコン」というものがあるのだけれど、コレ、「巻き戻しボタン」は付いてないんだね。
「電源ボタン」は付いているのに。
あと付いているのは「一時停止」と「早送り」か。
この2つを活用してみると何かまた新しい発見があるかもしれんね。

ていう
posted by おみ at 03:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/84363756
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。