本日の格言

2006年01月31日

ミッキーは呼び捨てしてもプーさんにプーとは言わない・・・

料理をしていた時の話。
豚の角煮の味付けをしていたら、
いつも置いてある所に蜂蜜が無かった。
「はちみつ…はちみつ…」と鍋を片手に
ウロウロ探していたら母が一言。

( -д- )「プーさん…?」


黄色いトレーナーに赤いエプロンを
している自分に気が付いた。
posted by おみ at 18:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月30日

魅雨血

私が小学5年の時の話。
友達と一緒に学校から帰宅している時だった。
たわいない話をしながら歩いていると100メートル
先の公園の角から、ものすごい形相で自分たちを
睨んでいるおばあちゃんがいた。
友達が「うわ、こわ・・」「回り道する?」と言ってたが
私が「隅の方あるいたら大丈夫だろ?」と言い、
怯えながら歩くことにした。
そして公園の角に差しかかろうとしたとき、
そのおばあちゃんはなんと石を思いっきりこちらに
投げてきたじゃないか。
「うぼあびゃがでええああ!!!」と奇声を発しながら。
2人で「うわああああー!」と今来た道を戻ろうと
走って逃げたが、なんとそのおばあちゃんは私たちを
追いかけながら石を投げてきた。
しかも速い!奴は懸命に逃げる私たちにポケットから
石をリロードし投げる行為を繰り返した。
学校の中に逃げ込み、友達と息を殺しながら校門の外を見た。
なんとか逃げ切れたようでその場で2人でしゃがみこんでしまった。
友達を見ると涙目になりながら怯えている。
しかも眉毛の上に石であてられたであろう傷がついていた。
友達は「なんだよあのばばあ・・ 今度会ったら
こっちが思いっきり石ぶつけてやる!」
そう思うのは当然だろう。
でも俺私はそのおばあちゃんは憎めない
やっぱり身内は憎めない
posted by おみ at 02:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

フルオーダーリング 完成作品

image354.jpgimage355.jpg

image356.jpgimage357.jpg

image358.jpg
以前公開した私が描いたデザイン画を、
Share One's FATE の文野氏に形にして
もらったもの。カラダに命が吹き込まれた。
ここまで素晴らしいものになるとは思ってもいなかった。

デザイン画では、「側面にブランドロゴを、」
というように簡単に書いていたが、実際のサイズで
考えると文字を掘り込む側面の幅は2mmも無く、
正直に言うと「もし出来たら嬉しい」という願望
であったのだが、文野氏に任せればもしかすると・・・
と考えていたことが現実となったことに喜びよりも
まず驚いた。

私が文野氏に何か作品の作成をお願いする場合、
必ず作品のどこかに「メッセージ」を入れてもらう
のだが、今回入れて頂いたメッセージは「Fate Family」

「家族の一員」であるという、人間の繋がりでももっとも
結び付きが強いイメージを沸かせるものとなっている。

文野氏が生み出す作品がオーナーの手に渡ることで、
その作品が人と人とを繋げる架け橋となっていることを
実感させてくれる。

今現在、星の数ほどのブランドが存在している。
その星々の中から「Share One's FATE」に惹きつけ
られたのは、ものづくりに対する彼の考えに
惹きつけられたということもあるだろうが、
それ以上に、なにか運命めいたものを感じずには
いられない。

彼と出会うことが出来た奇跡(運命)に感謝したい。
posted by おみ at 17:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

フルオーダーリング 荒削り

DSCN3418s.JPGDSCN3420s.JPG
Share One's FATE の文野氏に依頼していたリングが
昨日出来上がってきたので、完成品の前に荒削りの
段階のリング画像を公開。

この時点ですでに、設計図そのままのディテールの驚く。
石もオーダー通り、色味が薄いピンクトパーズで
かなり良いものをチョイスしていただいた。
やっと命が吹き込まれるカラダが出来たというところか。

後日、完成品を公開します。
posted by おみ at 16:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CSS

CSSいじってみました。
フォントカラー、
フォントサイズ、
バックグラウンドカラー、
などなど・・・
手探りでやったから時間かかっちゃった・・・orz
posted by おみ at 02:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

ぶぉぉ〜♪

とあるボロアパートでの話

隣の部屋の住人が夜中にギターの練習を始め
あまりの五月蠅さにキレて、壁越しに
「下手くそなギターやめろっ!」とがなった
するとギターの音は止み、これでようやく眠れると思ったら
今度は尺八の音色が響いてきた
しかもめっちゃ上手だった



そ う い う 意 味 じ ゃ な い
posted by おみ at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あるあr ねーよw

タクシー内での出来事

私「買物してく?」
運「えっ!?えっ!?買物?何買うんですか?」
私「お腹減ってる?」
運「そ、そりゃあまあ減ってますけどねぇハハ」
私「調子良くなった?吐いてない?」
運「絶好調ですよワハハ」


携帯だと気付かずに私の会話に全て運ちゃんが答えてたよw
posted by おみ at 20:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

さあ!飛び立つがいい!!!

昔学祭でくすだまの中に鳩を入れ
割ると鳩が飛び出すという計画を立て、
駅前から3羽程捕らえてきて玉の中に入れといたが、
本番で割ると同時に屍骸が降ってきてパニックになったことがあった

なつかしい
posted by おみ at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

え、うん、やさし・・・い・・かなっ?

ある弁護士が田舎道を車で通りかかると、やせ衰えた男が草を食べているのが見えた。
弁護士は車を停めて降り、男に尋ねた。
「あなたはなぜ草などを食べているのですか?」
男は弱々しい目線を上げて答えた。
「...実は...失業してもう1年になるというのに仕事が見つからず、食べ物を買うお金がないのです」
事情を聞いた弁護士は男の手を引いて言った。
「それならぜひ、これから我が家へいらしてください」
男は弁護士の言葉に恐縮しつつ言った。
「...あの...実は家内と4人の子供も腹を減らしているのですが...」
弁護士は男の肩を軽く叩いて言った。
「では奥さんとお子さん達もご一緒にどうぞ」
男は喜びの涙を目に浮かべながら弁護士に尋ねた。
「こんなに大勢でおじゃましても大丈夫なのですか?」
すると弁護士は満面の笑みで答えた。
「ええ、我が家の庭は広いですからね」
posted by おみ at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

笑い飯?

英文を訳してください

Tom : Is this a pen?
John : No, that is an apple.
Tom : Oh! sorry, apple...this is an apple...
John : Yes, that is an apple.
Tom : By the way, is this a pen?
John : No!!! That is an apple!!
Tom : Oh! sorry! This is an apple!!
John : Yes, good. you are smart. good..good.
Tom : Yes, this is an apple...But is this a pen?
John : Nooo!!! that is an apple!! apple!! apple!!!
Tom : Pen!! this is a pen!!! pen!!! pen!!!
John : NOOOOOOOOO!! NO!!!!! Fuck!!! apple!! apple!! apple!!! this is an apple!!!!!
Tom : Fuck!!This is Fucking pen!! pen!! Fuck pen!!


とむ:これ、ペンか?
じょん:ちゃうわ。りんごや。
とむ:ああ、りんごやったか。すまんすまん。
じょん:せや。りんごや。
とむ:ときに、これ、ペンやろ?
じょん:ちゃうて!りんごやゆうてるやん。
とむ:おお。せやせや。りんごやな。
じょん:そうや。あんた、かしこいなぁ。ええでええで。
とむ:こ、れ、は、りんご。ほいで、これはペンやな?
じょん:ちゃーーーーう、ゆうてるやろ!!!これは、りんご、りんご、りんごや!!!
とむ:これは、ペン、ペン、ペンや!!!
じょん:ちゃうちゃうちゃうちゃうーーーーっ!!!!りんご、りんご、りんごいうたら、
りんごなんや〜っ!!!!!!!!
とむ:ペンや!ペンや!ペンなんや〜っ!!!!!
posted by おみ at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホリエヴァンゲリオン全25話紹介

第壱話 地検、襲来
第弐話 見知らぬ、捜査官
第参話 鳴らない、電話
第四話 美保、逃げ出した後
第伍話 乙部、心のむこうに
第六話 決戦、六本木ヒルズ
第七話 金を造りしもの
第八話 明日も、ストップ安
第九話 閉店、ライブ、ドアオート
第拾話 ホリエシンジャー
第拾壱話 静止した市場の中で
第拾弐話 ブログの価値は
第拾参話 事情、徴収
第拾四話 ホリエ、社長の座
第拾伍話 嘘と沈黙
第拾六話 死に至る身内、そして
第拾七話 四人目の自殺者
第拾八話 逃亡の選択を
第拾九話 社員の戰い
第弐拾話 お金のかたち、株のかたち
第弐拾壱話 ホリエ、逮捕
第弐拾弐話 せめて、信者らしく
第弐拾参話 祭り
第弐拾四話 最後のシ肪
最終話 留置所の中心で想定外を叫んだけもの

劇場版 DEBU & REBIRTH ブタ新生
劇場版 THE END OF HORIEMON money/想定外を、君に
posted by おみ at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

ツモってる!

妹2人が、「つもってる、つもってる!」
って隣の部屋で騒いでたから、
天和でもアガッたのかと思ったよ。

一面雪まみれだ。
posted by おみ at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

胸に光るバッチ

友人親子が先日うちへ遊びにきた。

そこんちの息子が服を汚したので、母である友人が
「ごめんね、ちょっと着替えさせるから・・・○○くん、
ホラ着替えるよ、服脱いで!はい、マンセーして!!」


・・・・('A`)

聞かなかったことにした。
posted by おみ at 23:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ある企業と宗教団体の類似点

新興企業            新興宗教団体
社長が肥満体          教祖が肥満体
社長がふてぶてしい        教祖がふてぶてしい
社長が東大            東大、早稲田など者は高学歴偏重
少数の最高幹部(宮内、岡本)  少数の最高幹部(上祐、早川)
社長は贅沢三昧         教祖はやりたい放題
メディアに露出          メディアに露出
多数の信者がいる        多数の信者がいる
ライブドアショックで世界激震  松本サリンで世間に衝撃
言い訳だらけ・想定内       ああ言えば上祐
本社が電撃的な捜査を受ける   本部が電撃的な捜査を受ける
嘘つき(粉飾してない)      嘘つき(サリンではない農薬だ)
「違法との認識はない」      「私は潔白だ」
宇宙をめざす(宇宙事業)     空を飛べる
側近が沖縄で謎の死       側近村井が死亡
側近に美女 乙部        石井久子
腕税理士の影 (宮内)       敏腕弁護士の影響(青山)
選挙で落選            比例で落選
若きビジネス集団        若きエリート集団
社長が絶対            教祖が絶対
ネクタイなし、独特な格好    独特なオウム服
IT活用でネットビジネス    化学を活用しサリン合成
グループ展開(系列多数)     グループ展開(オウム企業多数)
皆が騙された          皆騙された
潤沢な資金力(一般株主を食い物) 潤沢な資金力(信者を食い物)
ヒルズにこもる         上九一色村サティアンにこもる
posted by おみ at 02:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「・・・・・・。」

身内の葬儀に所用で遅れ、黒の喪服に黒ネクタイ、
サングラスにジェットヘル、の格好でオフロードバイクに跨り、
斎場目指してバイパスを飛ばしてたら、
もうVIPカーもトラックも慌てたように避けるわ避けるわ、
まるでモーゼに割られた海のごとし。
そしてバババーッと斎場に乗り付けた俺はその日から、
親類の子供たちに「死神ライダー」と呼ばれることになった。。。
posted by おみ at 02:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

時事ネタを1つ、

土、日はセンター試験本番。
今日の夕飯は縁起を担いでトンカツでした。
久々のトンカツを喜んで貪り食う私。

ところで話は変わりますが、私は歯並びが悪く、
歯の発育が阻害されているのですが。

ガリッ。
何だオイ、トンカツに何か入ってるぞ!
と思って口から出してみると…

上の歯の乳歯が抜けてました。

乳歯が落ちた
 にゅうしおちた
  入試落ちた


以上、時事ネタでした。

*ちなみに私は受験生ではありません
posted by おみ at 01:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

あんた天才だ!名医だよあんたは。名医だ!

ブロンドが医者の診察を受けていた。
ブロンドは人差し指で額を押しながら「ここが痛い」と言った。
次に膝を押しながら「ここも痛い」と言った。
最後に立ち上がってかかとを押しながら「ここも痛い」と言った。
医者はブロンドの説明を聞くと、診断を下した。

「人差し指の骨折です」
posted by おみ at 01:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

まんま!まんまっ!!!

デザイナー兼製作者の○○氏より、途中経過の報告を受けた。
もうね、ビックリ!まんまなのよ!!!
私がデザインしたリングそのままの形。
いや〜、軽く感動したw
何だか、新しくデザイン画を描いて「これ出来る?」って挑戦したくなる。
まだ荒削りの段階で、ロゴとか研磨とかがされていない状態だったけど、
かなり良いものに出来上がってた。
○○氏の表現力というか、デザインを形にする再現力には目を見張るものがある。
この人に頼んで良かった〜、うん。
宝石もお願いしていたものが埋めてあるんだけど、想像以上の品質でこれまたビックリ。
最高品質のものを選んでくれたみたい。
製作途中の画像も送ってもらったんだけど、完成するまで未公開ってことでw
posted by おみ at 15:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お金はお金。

姪っ子が色々集めるの好きな子で、
去年新札になるときに旧札を取っておくことにしたそうな。

姪「壱万円と、五千円と、千円と、昔の500円玉取ってあるの!゚+(・∀・).+」
私「へー、あとで貴重になるかもね。無くさないようにしないとね」
姪「そう、おばあちゃんがね、なくすと大変だからって言ってね・・・」
母「郵便局に姪子の口座作って入れたげたんだよね〜(*´∀`)」
私「へー。・・・(  Д ) ゜゜・・・っ!!!!」

姪の居ないところで母に貯金しちゃダメじゃん!!と詰め寄ったけど、
「え?なんで( ・ω・)?」まだわかってない様子。
姪子になんていったらいいのか・・・言わないでおくか・・・。
posted by おみ at 05:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

多分あなたも優秀な人材

訪英したブッシュ大統領は、サッチャー元首相と会談することとなった。
「マダム。あなたの成功の秘訣を是非お伺いしたいですな」
「あら」鉄の女は言った。「それは優秀な人材を集めることかしら」
「もっともですな」ブッシュは深く頷いた。
「しかし、どうやって優秀かどうかを見分けるかが難しくはありませんか」
「簡単なことよ」サッチャーは答えた。「じゃ、やってみるわよ」
彼女は、ブレア首相に電話した。
「こんにちは。トニー。ちょっとした質問に答えてくれるかしら」
「どんな質問でしょうか。マダム」
「あなたの父上と母上から生まれた子供で、あなたの兄弟でも姉妹でもない人は誰?」
「はっはっは」ブレア首相は笑った。「それは私です」

ブッシュは、ホワイトハウスに戻ると、さっそく、チェイニー大統領補佐官とラムズフェルド国防長官を呼び出して、例の質問をしてみた。
二人は、しどろもどろとなり、緊急の用事を思い出したと言って、いったん大統領の前を辞した。
そして、頭のいいパウエル国務長官を見つけて、例の質問をぶつけてみたのである。
即座にパウエルは「それは私だよ」と答えた。
二人は大統領執務室に戻り、こう言った。
「例のご質問ですが、それはパウエル国務長官ですな」
大統領はひどく落胆した。こんな連中がブレーンでは、次期大統領選は絶望というものではないか。
「どうしようもないな。君たちは」大統領はため息をつきながら言った。
「そんなことも分からないのかね。まったく」
大統領は、二人の愚か者に答えを教えてやることにした。

「答えは、トニー・ブレアだよ」
posted by おみ at 17:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。